書評:現代萌衛星図鑑

人工衛星の擬人化本が出ました。

著者はしきしまふげんさん。

以前ポストした「筑波宇宙センターの特別公開」というエントリーで、ちらっと「かぐやちゃん」が登場していますが、このイラストの作者の人です。

kaguya.png

登場するのは以下の日本の人工衛星。

  • 気象観測衛星 ひまわり
  • ハレー彗星探査機 すいせい/さきがけ
  • 技術試験衛星VII型 きく7号(おりひめ・ひこぼし)
  • 環境観測技術衛星 みどりII
  • 次世代型無人宇宙実験システム USERS
  • 小惑星探査機 はやぶさ
  • 月周回衛星 かぐや

これ以外にも、「おおすみ」や「のぞみ」などが、ゲスト出演しています。

この本、何よりロマンチックな文章が素晴らしい。「ひまわり」の章から少し引用してみます。

来るはずだった援軍は太平洋に散った。新しい気象衛星がやってくるまで早くても5年。しかし、観測に穴を空けることは絶対に許されません。もうすぐ定年を迎えるはずだった「ひまわり5号」は、観測機器の寿命を少しでも延ばすために、反射鏡の稼動範囲を小さくして磨耗を抑えるなど、涙ぐましい延命策が取られました。すでに引退していた4号も5号のバックアップとして配置についていましたが、最前線にバックアップにと11年働き続けた末、1999年にとうとう力尽きました。
5号は独りになりました。頼りの姉はもう居ない。地球からも援軍はこない。しかし倒れることも許されない。

取り上げている衛星は、現在も運用中のもの、見事な成果を残したものも、そしてミッションを完遂できなかったものなど様々ですが、いずれも愛情溢れる筆致で丹念な説明がなされています。

可愛い擬人化イラストはもちろん、精緻に描かれた(非擬人化されていない)衛星のイラストも素敵。擬人化の面白さには、元ネタをどのようにシンボル化しているかという点にもあるので、元ネタと擬人化を見比べられるこの構成は楽しいと思います。

また、各衛星を打ち上げたロケットの姿までも(擬人化されていない形で)イラスト化されています。しかも、短いながらも丁寧な解説付き。

とにかく、全てのページで愛情を感じる本でした。それと同時に、宇宙開発に携わる多くの人々に向けられた熱いエール感じる本でもあります。

全ページカラー。美麗なイラストと感動的な物語がぎっしり詰まって1600円。ちょっとでも気になっている人はさくっと購入した方がいいです。

なお、公式ブログの記事によると、「世界天文年2009日本委員会公認書籍」になったそうです。各書店のブックフェアのコーナーにも並ぶそうなので、気になっていない方も、見かけたらぜひ一度手に取ってみてください。

ところで、118ページのイラストは反則だよなぁ。泣かす気か!

by Myfuna at 2009年06月16日 01:10 Comment(4) TrackBack(0)

書評:「昭和のロケット屋さん」

昭和のロケット屋さん―ロケットまつり@ロフトプラスワン (Talking Loftシリーズ)
林 紀幸 垣見 恒男 松浦 晋也 笹本 祐一 あさり よしとお
エクスナレッジ (2007/12)
売り上げランキング: 30640
おすすめ度の平均: 5.0
5 宇宙研のロケットの舞台裏

昨年末に出た本なんですが、やはりこれはきちんと紹介しておかねば。

以下、著者の一人である松浦晋也氏のブログ上での紹介文を引用します。

 お待たせいたしました。新宿・歌舞伎町のロフトプラスワンで開催しているトークライブ「ロケットまつり」の内容をまとめた本ができました。

 日本宇宙開発創世記、若くしてペンシルロケットの設計に従事し、ミューロケットまでの基本ラインを設計した垣見恒男さん、内之浦からのロケット打ち上げに、ロケット班長として従事し、定年までに上げたロケット5万発…ではなく400機超の林紀幸さんのおふたりから、ロケット開発の現場で起きる、あんなことやこんなことを聞き出した記録です。聴き手は、あさりよしとお、笹本祐一、そして私です。

 お値段はソフトカバーにしてはやや高め、なのですが、実は初期のロケットの映像を収録したDVDが附属しています。東京大学が制作したペンシルロケットの記録映画、そしておそらく本邦初公開の内之浦におけるカッパロケットの事故映像です。

松浦晋也のL/D: 宣伝:新著「昭和のロケット屋さん」が12月19日に発売されました

とにかくめっぽう面白い本でした。小難しい面白さではなくて、ゲラゲラ笑いながら読める面白さ。それでいて、読み終わったあとは、ちょっと元気になる感じ。

日本のロケット開発は1955年に東大の生産技術研究所が全長23cmのペンシルロケットで水平発射実験をしたことから始まります。このロケット開発のイニシアチブを取ったのが、故糸川英生博士です(はやぶさが行った小惑星の「イトカワ」という名前は、この人を記念して名づけられました)

この頃について触れられた文章というのは、ネット上や書籍などにまとまっているんですが、大雑把に言うと「いろいろな苦労を乗り越えながら、新しい時代を切り拓いていった人たち」という感じで、割ときれいなストーリーになってるものが多いんですね。

しかし、この本のゲストである林さんや垣見さんは実際に現場に立ち会ってた人たち。この二人が、今だから話せる逸話や裏話をするわけです。するとこうなる、

垣見 ペンシルも一応国分寺で初めて発射したことになってますけどね。それは、新聞記者とかを呼んでやったのが4月ということで、その前にですね、会社の中の射場といいますか…あんまり大きな声じゃ言えないんですけどね、危なくて今だったら絶対許されないようなところで飛ばしてるんです。

荻窪病院まで飛び込んだってヤツね。

垣見 燃焼実験だけどね。

松浦 ちょっと待ってください。「荻窪病院に飛び込んだ」って何です? 国分寺の発射場じゃなくて? (攻略)

出るわ出るわ知られざる真実。まぁ当時まだ誰もやったことのないことに挑戦しているわけで、そりゃあ失敗なんて日常茶飯事ってのがほんとうの姿なんだろうなぁ。

そうゆう様々なエピソードを紹介しつつ、当時の現場を支えた人たちのことを語っていくわけですが、そこで徐々に見えてくるのは「汗を流し、手を汚し、何度も失敗を繰り返しつつも、意気揚々と前進を続ける人々の姿」です。

徐々にハードルを高くしつつ何度も実験を繰り返すことによって得られるのは、データとかそこから導かれる理論とかだけではなくて、製造や打ち上げに携わる人々もまた多くを経験することによって、必要不可欠な人材として育っていったわけですね。

しかし、ここで描かれる人々がなんと逞しく魅力的であることか。

以前にもどこかで書きましたが、素人からの視点で宇宙開発のなにが面白いかというと、根底にあるどうしようもない人間臭さなんです。そんな人間臭さのぎっしりつまったこの本は、ぜひ多くの人に読んで欲しいと思います。強くお勧め。

そうそう、付録としてDVDが付いてます。中身は、初期のロケットの記録映像と、K-10Cロケットの事故映像。50分ほどですが、当事者のコメント音声が面白く、かつ貴重な映像です。この DVD までついて税込み1890円は、かなりお買い得でしょう。「売れ行きしだいでは続編も」という話があるそうなので、できれば購入していただけると、私としても大変嬉しいです :)

by Myfuna at 2008年03月24日 00:58 Comment(1) TrackBack(1)

孤独のグルメ【特別編】

以前ちょっと話題にしたマンガ「孤独のグルメ」の特別編が現在発売中の SPA! に掲載されています。トータル8ページ。

今回はどんな食べ物が?と思ったらこうきたか。

なお、新装版『孤独のグルメ』が今春発売予定だそうです。

by Myfuna at 2008年01月09日 21:03 Comment(0) TrackBack(0)

『今日の早川さん』2巻発売決定

おそらく今年最後の Good News

『今日の早川さん』の2巻が発売されるそうです。発売時期は2月ごろ発表とのこと。これは楽しみ。

by Myfuna at 2007年12月31日 00:35 Comment(0) TrackBack(0)

「今日の早川さん」間もなく発売

ban10.gif

楽しみですね。

今日の早川さん(hayakawa online)

8/29 追記

Amazon でも予約できるようになりました。イメージ紹介の中に Amazon 向けの宣伝4コマがあります(字が小っちゃいぞ)

今日の早川さん
今日の早川さん
posted with amazlet on 07.08.29
coco
早川書房 (2007/09/07)
売り上げランキング: 44

8/30追記

hayakawa online に特設ページできました。PR 漫画有り。

by Myfuna at 2007年08月28日 01:19 Comment(1) TrackBack(1)

朝日ソノラマ社が店仕舞宣言

朝日ソノラマ社が消滅するようです。

一応、朝日新聞社出版本部にブランドを引き継ぐようですが、人気書籍以外は絶版になってしまいそうな感じ。

朝日ソノラマといえば、ライトノベルという言葉が生まれる以前。YA(ヤングアダルト)などと呼称されていた「子供向けと大人向けの中間ジャンル」で一世を風靡したイメージが強いのですが、近年は書店での占有面積もめっきりと減ってしまい、ついに残念な結末を迎えてしまったようです。

個人的には笹本祐一の一連の作品が、今後入手困難になってしまうのではないかというのが気になるところですがそれより何より日本の宇宙開発系サポーターを何割か増やしたであろう、以下の書籍の存続が気がかり。

恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―
松浦 晋也
朝日ソノラマ (2005/05/21)
売り上げランキング: 31258
おすすめ度の平均: 5.0
5 宇宙のことは好きだ、、、
5 技術者なら泣ける
5 自分の名前も火星の彼方に

宇宙へのパスポート―ロケット打ち上げ取材日記1999‐2001
笹本 祐一
朝日ソノラマ (2002/01)
売り上げランキング: 15625
おすすめ度の平均: 3.5
3 シャトルの射点は遠いので一般人が見学にいってもロケット雲しか見えない。
4 奥が深いぞ!ロケット打上げ見学
4 打ち上げ延期で帰宅するのも楽しみ!?

宇宙へのパスポート〈2〉M‐V&H‐2Aロケット取材日記
笹本 祐一
朝日ソノラマ (2003/10)
売り上げランキング: 26266
おすすめ度の平均: 4.5
5 国営放送でも打上を放映しなくなった現在において国産ロケットを見つめ続けるジャーナリストの存在は貴重です。
4 日本のロケット打ち上げ見学マニュアル

宇宙へのパスポート(3)
笹本 祐一 松浦 晋也
朝日ソノラマ (2006/08/05)
売り上げランキング: 25230
おすすめ度の平均: 3.5
4 宇宙へ手が届くのはいつだろう
3 手馴れた感じが、、

特に日本の火星探査機「のぞみ」の数奇な航海を描いたドキュメンタリー『恐るべき旅路』は今後何年も読み継がれていくべき作品なので、絶対に絶版にしちゃいかん。

by Myfuna at 2007年06月22日 04:08 Comment(2) TrackBack(0)

「今日の早川さん」書籍化決定

最近めっきり更新してませんが、さすがにこのニュースだけはスルーするわけにはいくまい。

今日の早川さん」が書籍化されるそうです。しかも、早川書房から。

なんかエイプリルフールネタにしか見えませんが本当らしい。

「今日の早川さん」って、SFネタ/ホラーネタは意外と少ないんだけど、SF読み/ホラー読みのツボを的確に付いてくるんだよね。全編を通じて、愛情溢れる生暖かい視線も心地よい。

以前から、まとめて読み返したいなと思っていたので、このニュースはかなり嬉しい。

ちなみに、作者の Coco さんは、元 SWG プレイヤーでもあります。いつかイベント用の宣伝ポスターを依頼したいなぁと思っていたけど、残念ながら機会がなかったな。

by Myfuna at 2007年04月20日 01:51 Comment(0) TrackBack(0)