Final Fantasy XIII

PS3 を買って、FF13 をプレイしてみたよ。プレイ時間60時間弱でクリア。

今回の FF はこんな感じ。

  • 最初から最後まで盛り上がらないストーリー
  • あまり印象に残らない地味目な音楽
  • いてもいなくてもいい召喚獣
  • 大胆な簡略化で操作の複雑さを排しつつも、緊張感あるスピーディーな戦闘システム
  • 美麗なグラフィック
  • さらに美麗なグラフィック
  • それに加え美麗なグラフィック!

今回の FF の戦闘システムは、最近の FF シリーズ(X, X2, XII)の戦闘システムを踏まえつつ、大胆な取捨選択を行い FF シリーズらしい ATB でありながら新鮮さも感じさせる良い出来だったと思う。リソース管理ゲームの要素を大幅に排した分スピーディーな展開が心地よい。それでいて、敵毎にある程度の攻略性があり、しばしばフィールドの雑魚的相手に全滅することもあって、いい感じの難易度だった。

グラフィック面に関しては、プリレンダリングはまぁ当然として、リアルタイムレンダリングが劇的に綺麗になった。特に光の処理が見事。技術的にはハードの移行によって、HDR だとかブラーにより被写界深度の表現が可能になったってことなんだろうけれど、その分考えなきゃいけないことが増え、なんか不自然な処理になってしまう例も多いのに、全編にわたって丁寧な仕事をしていたように思う。

リアルタイムレンダリング時のキャラクターの表情の表現力も大幅に向上していたけれど、同じような苦悩顔ばっかだったような気がする。あと、取捨選択の結果なんだろうけれど、手の指の低ポリゴンぶりが悪目立ちしてたような。もう少し、特性を考えた演出の仕方があったんじゃないかなぁ。

ストーリーは正直退屈だった。「常人離れした力を得た代償に、一定期間内に使命を果たせなければモンスターとなってしまう」という設定だけ見ると、タイムリミットサスペンス的な演出と、人間性の喪失の危機みたいなテーマで、いくらでも面白そうな話が作れそうなのに。中にはちょっとかっこいいセリフだとか絵だとかもあるんだけど、全体の流れが悪すぎて良いシーンが死んでた感じ。

惜しみなくマンパワーを投入して作り上げた大作感はあるし、ゲーム性も決して低くはない。全体的に親切設計でストレスなくプレイできたし、美麗なグラフィックも楽しめた。でも、7 とか 10 のような、新ハード移行時に見せてきた鮮烈なインパクトは今回得られなかったなぁ

関連エントリー

シムダイヤ

P7280011.JPG

つい、うっかりポチッちゃったよ。アマゾン危険だな!

by Myfuna at 2009年08月05日 10:36 Comment(0) TrackBack(0)

HALLOHALLO

ブログに貼れるMMOだそうです。とりあえずペタっとな。

by Myfuna at 2007年12月28日 06:18 Comment(1) TrackBack(0)

OHVITAE の Vanguard フリートライアル開始

カリフォルニアの火事の影響だのなんだのあって少し遅れていたようですが、以前お伝えした OHVITAE の Vanguard フリートライアル企画が始まったようです。

ファンサイトを通じてのこうゆう企画は非常に面白いですね。

by Myfuna at 2007年11月10日 22:21 Comment(0) TrackBack(0)

タブラ ラサ

ちょっと古い話題ですが、リチャード・ギャリオット(元ロードブリティッシュ)の「タブラ ラサ」が日本でもサービス開始だそうです。

リチャードギャリオットが、このゲームの素晴らしさを語っている文章がこちら。

戦闘に関してはそれなりに新しいものがありそうな気がする。

まぁ、おいらは RPG で戦闘する気は全然ないんだが。

by Myfuna at 2007年11月07日 07:25 Comment(0) TrackBack(0)

Blue Mars

まず、2007年3月6日の4gamer.netの記事から。

Avatar Reality,MMOタイプのライフシミュレータの開発を発表

2007/03/06 15:24

 ハワイのホノルルに本拠地を置くゲームデベロッパ,Avatar Realityは,火星を舞台にしたMMOタイプのライフシミュレーションゲーム(タイトル未定)の開発を発表した。同社にとってこのタイトルは,開発作品の第一弾となる。

 本作は,テラフォーミングされた火星の住人となり,ほかのプレイヤーとコミュニケーションを楽しむという内容。開発元によると“Massively Multiplayer Virtual World”(MMVW)というジャンルで,「ハイレベルなイマジネーション,クリエイティブ,自由度などに焦点を当てた,オンラインのバーチャルワールドを創り上げることが,このゲームの開発目標である」とのこと。

 一般的なMMORPGとは趣を異にし,どちらかといえば「Second Life」のようなスタイルのゲームになりそうだ。(朝倉哲也)

http://www.4gamer.net/news/history/2007.03/20070306152408detail.html

ちょっと惹かれるものを感じていたんですが、E for All で公開されたようです。

さすがに画面は綺麗ですね。

なんとなく、テラフォーミング中の火星に移住して、プレイヤーの開拓活動に応じてその後の世界がダイナミックに変化していくゲームを期待していたんですが、どうもそうゆうものではないっぽいですね。

ポストセカンドライフとして期待される作品のひとつになりそうな気がします。

by Myfuna at 2007年10月20日 00:12 Comment(2) TrackBack(0)

UOの元GM座談会

UO 10周年特別企画だそうです。初期のUOの日本サーバーにいた人は楽しめるんじゃないかと思います。

読んでて、何回も「あった、あった」って思ったよ

by Myfuna at 2007年10月20日 00:01 Comment(0) TrackBack(0)

OHVITAE で Vanguard の無料トライアルコードを配布予定

via OHVITAE

近日開催予定:Vanguard無料トライアルコード配布

OHVITAEからのお知らせです。

このたび、SOEのご厚意により、「Vanguard – Saga of Heroes」の無料トライアルコードのプレゼント企画を、近日中に開始できる運びとなりました。

現在レギュレーション等の最終調整・準備を行っておりますので、早ければ来週あたりから配布を開始できるような気がします。今回は結構な数量を頂けたので(詳細は開始時に発表します)、2つのフェーズに分けた上で、以下のように実施を予定しています:

<フェーズ1>
OHVITAEユーザー登録されている方から、先着
<フェーズ2>
OHVITAEユーザー登録を行っていない方も含め、先着または抽選(残りの数量次第で変更します)

というわけで何が言いたいかというと、こういうキャンペーンがありますので、(今後のことも含め)ゲットできる確実性をUPさせたい方は、今のうちにぜひユーザー登録を! :) 新規ユーザー登録はこちらから。

-Bucco

おー。すごい。興味のある方は、いまのうちに OHVITAE にユーザ登録をしておいた方がよさそうですね。

ちなみに、私は OHVITAE にユーザ登録済みです :-)。

by Myfuna at 2007年10月13日 23:54 Comment(1) TrackBack(0)

SOE社長、SWGの「NGE」について謝罪

via OHVITAE

元SWGプレイヤーの方には感慨深いニュースかと思います。

SOE社長、SWGの「NGE」について謝罪

OHVITAEにとっては人一倍そうなのですが、Star Wars Galaxiesをプレイしていた多くの人にとってもそうではないか、と思わせるようなニュースが飛び込んできています。

Warcryが行った、SOEの社長John Smedley氏とのインタビュー中に、Smedley氏が、2005年にStar Wars Galaxiesに適用した「New Game Experience(通称NGE)」について「誤りだった」と認め、公式に謝罪しました。こちら

あれさえなければ、もしかしたら今でもSWGをプレイしていたかもしれず、最低でもSWG OHVITAEを閉じるには至っていなかったと考えると、感慨深いものがあります。

当のSmedley氏の言葉は次のようなものです:
「NGEについては、我々が犯した過ちについて、大変申し訳なく思っています。我々は、そうすべき時にファンの声に耳を貸さず、ぐちゃぐちゃに引っ掻き回してしまった。この過ちはもう二度と繰り返してはいけない。」

-Bucco

もちろん、今から古いバージョンに差し戻すなどという話はありありません。

ところで、SWG プレイヤーの多くがお世話になったであろう、OHVITAE は、現在では海外MMO全般を扱うニュースフォーラムサイトになっています。

幅広いニュースをぎゅっと濃縮して紹介してくれてる感じ。MMOの動向に興味のある方は要チェック。

by Myfuna at 2007年10月08日 16:45 Comment(5) TrackBack(0)

YouTube: オトノチカラ

以前、Star Wars Galaxies (SWG) という MMORPG をやってたことがありまして、そのときに主催したプレイヤーイベントのムービーを YouTube にアップしました。

このゲーム、ミュージシャンやダンサーなど、ちょっと代わった職業が存在していて、そうゆう人たちと一緒にコンサートを開催したときの様子です。

よく見ると揃いのステージ衣装を着ていますが、これはプレイヤーに作ってもらったもの。この人数の衣装(しかも途中で2回着替えている)を短期間で用意してもらうって、今思うと無茶な注文だったなぁ

ちらっとしか映っていませんが、会場内を巨大な鳥が飛んでいて、これも演出としてペットの調教ができるプレイヤーに協力して実現したものです(この鳥はダンスも踊っていた)。他にもいろいろな人の協力を得ていて、スタッフリストは40人ぐらいになりました。お客さんは推定で150人ぐらい。

イベントの企画&実行&宣伝などは全てプレイヤーの手によって実現したものですが、舞台の装飾(照明とか絨毯とか)は運営元である EA Japan の協力を得ています(多謝)。ムービーの冒頭に舞台を飾りつけている様子などが映っているので、当時のプレイヤーにも興味深い映像かもしれません。

このムービーはスタッフとして参加してくれた Poci さんが撮影&編集してくれたものです(無断転載御免)。その後音信不通になっちゃったけど、元気にしてるかなぁ

関連リンク

by Myfuna at 2007年01月26日 11:04 Comment(5) TrackBack(0)

WOW DDR

via Raph's Web site

すげえよくできてる

by Myfuna at 2007年01月20日 18:52 Comment(0) TrackBack(0)

A Tale in the Desert IIIを勧められた

旧Harlaのとてもえらい人と久しぶりにお話した。mixiのフレンドリスト追加リクエストを送ってみたら快く承認していただき、ステキな紹介文まで頂いたので、てきとーな紹介文を返しておいた。

この、旧Harlaのとてもえらい司令に、A Tale in the Desert IIIを勧められた。

旧Harlaのとてもえらいサドのオススメなので、そのうちちょっと試してみようと思う。

by Myfuna at 2007年01月05日 07:37 Comment(18) TrackBack(0)

ブログバトラー

なんだかよくわからんのだが、一応登録してみた。

<<<こちら

by Myfuna at 2006年12月19日 11:12 Comment(2) TrackBack(2)

Areae, Inc

cartoon.png

SOE を去った後の去就が注目されていた、元 SWG チーフデザイナーの Raph Koster氏が、Areae, Incという会社を立ち上げたようです。

以下関連記事。

当然 MMO 的なサービスの提供を目的としているようですが、古典的な MMORPG を作る気はないようですが具体的なところは不明。

Raph 氏は以前から、「狩場だとかクエストだとかをデザイナーが提供して、ユーザがそれを消費していく形式」はもはや発展の余地がなく、「ユーザがコンテンツを創造してける、プラットフォームとしての仮想世界」が今後求められていくことになる、という主張を繰り返しています。

特に Second Life の成長を、Web 2.0 的な CGM と絡めて賞賛しており、Areae, Inc もその延長線上にあるものを狙っていると予想されます。

なにはともあれ、今後の展開に期待したいと思います。

by Myfuna at 2006年12月17日 08:44 Comment(4) TrackBack(0)

シムズ2でありがちなこと

眠くてうとうとする

はっと気が付いて、ソファから立ち上がる

(てっきりベッドに行くもんだと思って放置)

キッチンでうまそうにコーヒーを飲んでる

そんなことしてるから、てめぇは、毎日寝不足で仕事行くハメになるんだよ!

↑今ここ

深夜のコーヒーはおいしいよね

by Myfuna at 2006年11月21日 23:45 Comment(0) TrackBack(0)

ザ・シムズ2 ペットライフ!

snapshot_b1e67953_b257f4e6.jpg

猫カワイス

箇条書きで解説&ファーストインプレッションを

  • 猫と犬が家族に追加できるように
  • 犬や猫にはしつけや芸を仕込むことが可能
  • 鳥やハムスターなども追加されたが、これは従来からある熱帯魚と同じ扱い(家族にはカウントされない)
  • オウムに言葉を教えることは可能。シムがアイコンで喋ると、同じアイコンを表示する感じ
  • ペットは操作不可能。しかったりほめたりして、しつけていく
  • ペットも職業をもてる。セキュリティ(警察犬とか)/ショウビジネス/サービス(災害救助とか)の三種類
  • 街中には、野良猫/野良犬/野良狼が徘徊するようになった。時にはレストランの中まで野良犬が!
  • 犬/猫の仕草が素晴らしい
  • 特に、猫がときどきなにもないところを、じっと見てるのがそれっぽい

今回のデータセットとは関係ないが、このゲームって区切り目がないからやめるタイミングがなくて危険だ。

そんなわけで、さらに更新頻度低下の予感。アニメとゲームと2ちゃんねる以外の記事も書きたいとは思っているのだが…

by Myfuna at 2006年11月04日 16:23 Comment(3) TrackBack(0)

SWGアルバム - Katana 編

引き続いて作ってみました。

今回、写真の選別、トリミング、サーバーへのアップロードまで、すべて Picasa だけで行ってみました。これはなかなか便利。オススメ。

by Myfuna at 2006年10月21日 18:28 Comment(6) TrackBack(0)

SWGアルバム - ベータテスト編

作ってみました。

関係者は懐かしいんじゃないかと。

by Myfuna at 2006年10月20日 18:05 Comment(2) TrackBack(0)

メタバース

メタバースとは,一般的には「宇宙の中に属する小宇宙」とでも言うべきもの。語源は,フィクション作家Neil Stephanson(ニール・ステファンソン)氏が1992年に上梓した「Snow Crash」(日本未発売)という小説にまでさかのぼる。

Snow Crash は早川から翻訳でてますぜ。

ほんとに、MMOがメタバース化してくのかは知らないけれど、MMO好きならとりあえず読んでみるといいかも。

俺は読んだのはだいぶ前だけど、キャラクターも世界観も魅力的だった。特にオープニングのピザ配達と、ラストの犬がステキ。

でも、今となってはメタバースの描写はインパクトないかも(1992年の作品だしね)

(こうゆう指摘は元記事にトラックバックできるといいのだが…)

by Myfuna at 2006年09月11日 23:51 Comment(3) TrackBack(0)

Second Life顧客DBがクラックされたらしい

TechCrunch Japanese に『バーチャル世界ハックされる:Second Life顧客DBに侵入』なんて記事が。

何年か前にちょっとだけログインしたことあるんだよなあ…

by Myfuna at 2006年09月09日 19:19 Comment(1) TrackBack(0)

The Sims 2

しばらく The Sims2にはまってました

気にいった点は、このゲームが、ある種のドラマ生成ツールであるということ

ドラマといってもご大層なものではなく、ありがちな日常が展開されていくだけ

例えば、料理に失敗してボヤを出すとか、トイレが詰まって水浸しになるとか、昨日注文したピザの残りが台所で異臭を放ってるのに家族の誰も掃除しないとか、妻子ある人と恋に落ちるとか、その浮気がばれて修羅場が展開するとか、仕事をサボりすぎてクビになりそうになるとか、恋人を親に紹介したら親の受けが悪かったとか、でも食事を共にしたりしているうちに徐々に良い関係が築けていくとか、脱サラしてレストランを開いてみたけど全然儲からなくて家計が火の車だとか、性格が悪くて両親との仲もひどいことになってる娘が新しくできた妹の面倒をよくみるとか、メイドさんとベッドでお楽しみの最中に仕事にいったはずの妻が帰宅するとか、そんな楽しくもにぎやかな日常の連鎖の中で、泣いたり、笑ったり、怒ったり、ごはん食べたり、本読んだり、楽器演奏したり、風呂入ったり、トイレにいったり、踊ったり、泳いだり、掃除したり、草むしりしたり、料理したり、一晩中語りあったり、赤ちゃんを寝かしつけたり、そんなシム達の行動を眺めているのがすこく楽しい

ある意味で、ホームドラマのシミュレーションなんだと思う

飽きたわけではないけど、最近新鮮味がなくなってきたので、しばらくお休みしようと思う。年内にはペットが導入されるので、そしたら再開する予定。ゴージャスパックもとりあえず買うぜ

by Myfuna at 2006年09月02日 10:53 Comment(0) TrackBack(0)

The Movies 日本語版

最近はまりまくりの「The Movies 日本語版」のレビュー。

何度か発売が延期された末に、2006年4月20日ぐらいにようやく日本語版が発売されたゲームなので、名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれない。

そんなゲーム知らんぞ、という方は、以下のリンクを参照してくれい

簡単に言ってしまえば、「1920年代のハリウッドで映画スタジオを開設して、アメリカ映画界の頂点を目指すゲーム」という感じかなぁ。いや、それだけじゃないんだけど、ゲーム性という意味ではその辺がフォーカスされている

ゲームデザインはピーター・モリニュー氏。「ポピュラス」「テーマパーク」「ダンジョンキーパー」など、AI操作されるユニットが独自に動き回る自律した世界に、プレイヤーが「神の見えざる手」を介入させる「ゴッド・ゲーム」という独自のジャンルを築き上げた人だ。

本作においても、プレイヤーの介入が必須となる要素は少なく、「脚本家へのシナリオ製作の指示」「完成した脚本への配役」など、一部の例外を除いてはほぼ自動的にゲームが進行する

ただし、「世間の流行とスタジオに所属している監督/俳優の指向を考慮しつつ、どのジャンルの映画に投資するか」「俳優/監督の演技指導(練習)をどのように指示するか」「監督/俳優のストレスの蓄積具合を管理しつつ、アシスタントを付けたり、豪華なキャンピングカーを与えたり、最新ファッションの服を与えたりして、いかにご機嫌をとるか」など、無数のパラメータ管理なしには、スタジオの評価を上げることはできず、その辺にゲームとしての面白さが追求されている

その一方で、ゲーム内で製作された映画は実際にムービーとして鑑賞することができ、「フリーモード」であれば脚本/衣装/セットなどもプレイヤーが独自にコントロールすることが可能。さらには、完成したムービーを公式のポータルサイトにアップロードし、各プレイヤー間でアップロードされたムービーを評価して、高い評価を受けたムービーにはバーチャルマネーが与えられ、このバーチャルマネーを消費することによって、アドオンとして提供される特別なセットや衣装をゲットすることもできる

実際にどんなムービーが撮影可能かは、以下を参照していただきたい

このゲームが素晴らしいなと思うのは、「ゲーム性としての面白さ」と「そのゲームを題材にしていかにプレイヤーの創意工夫を発揮するか」という、二方面のベクトルを同時に追求している点にある。

個性溢れるわがままなユニットを上手に管理しつつ、どうやって観客受けする映画を作ってスタジオの評価を上げるというゲーム的な目標達成能力を競う面白さがよくできていて、ついつい時間を忘れて遊びつづけてしまう魅力がある。

それと同時に、フリーモードで、限られた素材をどう組み合わせて、どうやってオリジナリティのあるムービーを作成するか、というベクトルでの楽しさもある。

わかりやすさ、とっつきやすさという面で、このような二兎を追うアプローチには潜在的にある種の弱点を抱えている気もするが、個人的にはこうゆうゲームは大好きだ。特に小さなユニットが独自の判断でうじゃうじゃ動き回ってくれたりすると、なんつうかもうたまらん。

ただし、以下の2点はぜひ早急に解決していただきたい。

  • (2ちゃんねるでも報告が多いが)ときどき異常終了するバグがあること。パッチなりなんなりでなんとかしてくれい
  • 英語版ではすでに発売されている拡張パック「STUNTS&EFFECTS」の日本語版を早急に発売すること

ゲームとしてはよくできてるので、もう少しテコ入れしてもいいと思うぞ>日本語版発売元のラッセル社

なんかまとまりの悪いレビューで申し訳ないが、こんなレビューにも関わらず多少でも興味を抱いた方は、以下でデモ版(ただし、英語)がダウンロードできるみたいなので、お試しされてはいかがだろうか

割と好みが分かれる作品な気もするが、はまる人はどっぷりはまれるゲームじゃないかと思う

余談だが、公式サイトのムービーを眺めていたら、某SWGで名を馳せた有名動画の監督の作品を見つけたりもした。

by Myfuna at 2006年06月29日 01:33 Comment(0) TrackBack(0)

Final Fantasy XII

ご無沙汰している各方面。不義理でほんと申し訳ない

年度末あたりにいろいろあって、ちょっと気が抜けていたのだが、そろそろ調子が戻ってきたので、久しぶりに更新してみよう

ここ何年かほぼ継続的にネットゲームをプレイしていたのだが、PCが不調になったこともあって、埃まみれの PS2 を引っ張り出してきて FF の新作を遊んでみた。ソロの RPG ってたぶん FF-X 以来なのだが、久しぶりに遊んでみたら面白かった

今回の FF の特徴はこんな感じ。

  • 盛り上がりに欠ける地味目なストーリー
  • 個性のないキャラクター達(特に主人公)
  • エンカウント方式ではなく、MMORPG にありがちなフィールド上にモンスターがうろついているシステム(ADBと言うのだそうだ)
  • まったく役に立たない召還獣
  • ムービーシーンでしか活躍しない飛空挺

面白かったんだよ!ほんとに!

映画でリアルな CG は見慣れてしまったし、プリ・レンダリングのムービーシーンはいまさら何を見ても驚かないし、むしろ僅かに残るアラが目についてしまったりするのだが、今回のリアルタイムレンダリングのシーンにはちょっとびっくりした

特に髪の毛の動きは FF-X に比べて格段に進歩していて、最初にみたときは真面目に物理演算しているのかと錯覚してしまった。まぁ、モーションキャプチャーであれだけ自由にキャラクターを動かせるのだから、髪の毛だろうがアクセサリーだろうが、事前に演算してしまえばどんな動きも再現可能ってことなんだろうけど、実際にやろうとするとえらく時間と手間がかかることを平然とやってるような気がする

その他にも、髪の毛が逆光に透けてるような表現があったり、フォーカスブラーもどきな処理があったり、リアルタイムレンダリングのシーンは割と新鮮な感動を味わえたような気がする

ゲームメカニクスの面では、なんといっても「ガンビット」システムが素晴らしかった。これはある主のマクロみたいなもので、「条件」と「行動」のペアをいくつか設定しておくと、それにしたがってキャラクターが勝手に戦闘してくれるというもの

例えば「HP以下 50% な味方」と「回復魔法」のペアなら、HPが半分以下の味方がいれば回復魔法をかけてくれるという感じ

適切なガンビットさえ組んでおけば、たいていの戦闘は全自動で済むので、戦闘が始まったらプレイヤーはマンガでも読んでればおっけー。常々 RPG で最もつまらないのは戦闘シーン(特にプレイ時間の大半を占める雑魚戦)だと主張していた私にとっては、正に夢のようなシステム。もはやガンビットシステムのない RPG はプレイしたくないって思うぐらい

何より楽しいのは、各キャラクターが自律的に動いてみえること。まぁあくまで予め設定したパターンにしたがっているだけなんだけれど、状況の変化に反応して次々と行動を変化させていくキャラクター達の姿というのは見ていてすごく楽しい。

今回、本筋のストーリーとは別に、賞金のかけられた中ボスクラスのモンスターを狩っていくという「モブハント」という仕組みが用意されていて、ガンビットを含めた戦闘システムそのものを楽しむ要素が割と前面に押し出されている。

装備とかガンビットとかをいろいろと調整しつつ、計45体にも及ぶモブをハントしていく過程が楽しかった。モブはバラエティに富んでいたし、ガンビットのおかげで1回の戦闘あたりのストレスが低いので飽きずに長時間遊べたと思う。

総評としては、大きなインパクトはなかったけど、8とか9よりかはよっぽど遊べた、ってとこかな

by Myfuna at 2006年04月26日 21:44 Comment(5) TrackBack(1)