PALSARからみた富士山

「だいち」には三種類のセンサーが搭載されていて、そのうちのひとつフェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR)で観測した富士山の画像が公開されました。

PALSAR は光を必要としないので、昼夜/天候を問わずに地表を観測できること、2回以上の観測により数cmで高低差を見分けることができること、50度程度の首振り機能があるので、衛星の軌道に関わらず短期間で任意の地点を観測できることなどの特徴があります。

特に震災などの際に、迅速に被害状況を確認するために役立つことが期待されているようです

また、地表面の微細な高度変化のデータが蓄積されれば、地震予知などの分野に有効利用できる可能性があります。

by Myfuna at 2006年02月18日 11:32 Comment(0) TrackBack(0)

PRISMでみる富士山

先日打ち上げた「だいち」から取得した富士山の画像が公開されました。

3つのカメラを使って立体視するとは聞いていたんですが、こうやって実際に生成された画像をみると感動だなぁ。

しっかし、こうゆうニュースに触れるたびに考えるんだが、「だいち」に関わった大勢の人々は、この写真を見てどんな気持ちになるのだろう。そして星空を見上げる時に何を思うんだろう。

そんなことを考えてると、なんか羨ましいような悔しいような、ちょっと複雑な気分になる。

by Myfuna at 2006年02月16日 00:04 Comment(0) TrackBack(0)

打ち上げ成功!!

by Myfuna at 2006年01月25日 01:02 Comment(2) TrackBack(0)

いよいよ打ち上げ

H2AF82.jpg
1月24日午前7時35分の種子島ライブカメラの映像

現時点での RCC レポートによると、順調に打ち上げ準備が進んでいるようです

  • 07時00分: 搭載機器のコンピュータ設定作業を順調に実施中
  • 05時46分: 電波系統点検終了
  • 04時44分: 電波系統点検開始
  • 04時28分: 1段液体酸素タンク100%充てん完了
  • 03時45分: フライトスリューテスト終了
  • 03時30分: 姿勢制御系フライトスリューテスト開始
  • 03時20分: 2段液体酸素タンク100%充てん完了
  • 01時30分: 第1段・第2段推進薬タンクの充てん作業開始
  • 01時00分: ターミナルカウントダウン作業開始
  • 00時33分: 燃料充てん作業へ移行(第2回Go判断)

あとは、職場でストリーミング中継をみることにしよう

by Myfuna at 2006年01月24日 08:03 Comment(0) TrackBack(0)

H-IIA F8 カウントダウン中

H2AF8.jpg

1月23日午前2時30分の種子島ライブカメラの映像

現在、H-IIA 8号機が打ち上げ準備中です。順調にいけば、1月23日10時33分から10時44分までの間に打ち上げられる予定(あと8時間だ!)

今回打ち上げられるのは、陸域観測技術衛星(ALOS)愛称は「だいち」です。簡単に言ってしまえば地形を観測して、地図(地形図)を作ったり森林分布を調べたりなどができるらしい。

無事に打ちあがってくれることを祈る

ワクワクしながら待て!

by Myfuna at 2006年01月23日 02:47 Comment(1) TrackBack(0)