文部科学省「文部科学大臣からのお願い」を公開

文部科学大臣からのお願い」という文章が公開されました。このエントリーの最後に全文引用します。

また、「児童生徒のいじめ問題に関する都道府県・指定都市生徒指導担当課長緊急連絡会議について」というページも公開されています。

「文部科学大臣からのお願い」について

 いじめを受けたことにより児童生徒が自らその命を絶つという痛ましい事件が依然として発生しており、誠に悼ましいことであります。児童生徒が自らの命を絶つということは、理由の如何を問わずあってはならないことであり、深刻に受け止めているところであります。
 このたび、このような状況を踏まえ、「文部科学大臣からのお願い」を発表いたしました。このお願いは、文部科学大臣から、子どもと大人社会一般に対していじめの問題について呼びかけているものであります。

ダウンロード/印刷用(PDF:38KB)]

 
ダウンロード/印刷用(PDF:39KB)]

 また、皆さんの不安や悩みを受け止める相談窓口について、連絡先を下記のようにお知らせします。一人でくるしまず、ぜひ利用して、話をしてみてください。

全国の教育委員会などに置かれているいじめ問題相談機関について
http://www.nicer.go.jp/integration/user/map.php
こころが苦しい方へ、ぜひご利用ください。【日本いのちの電話連盟】
http://www.find-j.jp/
18才までの子どもがかける電話です。【チャイルドライン】
http://www.childline.or.jp/
by Myfuna at 2006年11月18日 18:28 Comment(0) TrackBack(1)

厚生労働省:平成17年人口動態統計月報年計(概数)の概況

厚生労働省のサイトに「統計調査結果」というページがあって、各種統計資料を閲覧することができます。

これが結構面白いので、その中のひとつ「平成17年人口動態統計月報年計(概数)の概況」を軽くご紹介。

  • 出生数は106万2604人。死亡数は108万4012人。出生数が死亡数を2万1408人下回り、調査を開始して初めて人口が減少した。
  • 婚姻件数は71万4261組。平均初婚年齢は夫29.8歳。妻28.0歳。離婚件数は26万1929組
  • 第1子出生時の母の平均年齢は29.1歳。
  • 死因ベスト3は、悪性新生物(がん)32万5885人(30.1%)。心疾患(心臓病)17万3026人(16.0%)。脳血管疾患(脳卒中)13万2799人(12.3%)。
  • 男性の肺がんによる死者は4万5187人(毎年上昇中)。一方で女性の肺がんによる死者は1万6871人。人口10万人に対する比率で男73.3人に対して、女26.1人。
  • 自殺による死者は3万599人(6位, 2.8%)
  • 老衰による死者は2万6336人(7位, 2.4%)
  • 10-14歳の心疾患・自殺による死者は44人。15-19歳の自殺による死者は615人
  • 50-54歳の自殺による死者は3208人。55-59歳の自殺による死者は3914人。

大きな数字が並んでいて実感がわかないという人は、365で割って1日平均の数字にしてみると、わかりやすいかも。

  • 毎日平均2911.2人生まれ、2969.8人死んでいる。人口は毎日58.6人減っている。
  • 毎日1956.8組が結婚し、717.6組が離婚している。
  • 毎日892.8人ががんで、474.0人が心臓病で、363.8人が脳卒中で死亡している。
  • 毎日83.8人が自殺している。15-19歳の自殺者1日1.6人に対し、55-59歳の自殺者は、10.7人

ただの数字の羅列だけど、改めて確認してみると少し世の中が違って見えるかもしれません。

by Myfuna at 2006年11月15日 03:14 Comment(0) TrackBack(0)

文部科学省が自殺予告文書をPDFで公開

(11/11修正)「いじめを原因とする自殺予告文書の公表及びお願いについて」(文部科学省)にて、予告文章の全文が PDF で公開されています。

この公開ページ当初は事務的な文面でしたが、現時点ではいくつかメッセージを付加したものになっています。文部科学省のページとしてはかなり異例なな形式。

以下に新しい文面と古い文面の両方を引用します。

いじめを原因とする自殺予告の手紙の公表及びお願いについて

 命というものは、ひとつしかないものです。そして、命は自分のものだけでなく、生まれたときにお父さんとお母さんが腕の中に抱き取ってくれたものです。
 いろいろ言いにくいこともあると思いますが、誰かに必ず君の気持ちを正確に伝えてください。世の中は君を放っているわけではありません。

 今月6日に受け取りました、文部科学大臣宛のいじめを原因とする自殺予告の手紙(PDF:607KB)を公表致します。
 手紙には、名前や地域、学校名等、差出人を特定できる情報が記載されておらず、現在具体的な対応を取ることが難しい状況となっております。
 もし、手紙の内容や筆跡等から差出人について分かることがございましたら、至急、学校・教育委員会・文部科学省の方までご連絡を頂ければと考えております。

(参考)手紙に寄せられた様々な声
「今の気持ち、わかるよ」「きみが死んでしまうのはもったいないと思った」
「私はきみと友達になりたい。たくさん話をしてみたいよ」

文部科学省の連絡先は、以下の通りとなっております。

文部科学省初等中等教育局児童生徒課
電話:03-6734-3298(直通)

 皆さんの不安や悩みを受け止める相談窓口は、周りにたくさんあります。一人で苦しまず、ぜひ利用して、話をしてみてください。

全国の教育委員会などに置かれているいじめ問題相談機関について
http://www.nicer.go.jp/integration/user/map.php
こころが苦しい方へ、ぜひご利用ください。【日本いのちの電話連盟】
http://www.find-j.jp/
18才までの子どもがかける電話です。【チャイルドライン】
http://www.childline.or.jp/
続きを読む
by Myfuna at 2006年11月09日 11:15 Comment(0) TrackBack(0)