かぐや、リレー衛星の分離に成功

リレー衛星(Rstar)の分離に成功したそうです。

また、ハイゲインアンテナモニタ用のカメラによる月撮影にも成功しました。

20071009_kaguya_07l.jpg

これは、月から約800km離れた映像で月の北極付近が写っています。

今回の撮影に用いられたカメラはアンテナの状態を確認するための簡易的なもので、本来の観測機器の準備が整えばより鮮明な画像が得られるはずです。

かぐやは現在月を南北に回る楕円軌道をありますが、数回の噴射を経て、遠地点高度を下げ、真円に近い軌道に遷移していきます。この過程で、もうひとつの子衛星である VRAD衛星の分離も行う予定です。

10月9日 リレー衛星分離 ←今ここ。
10月12日 VRAD衛星分離
10月19日 定常観測軌道(高度100km)の月周回軌道への投入

現在までのイベントはすべて予定通りに実施されており、機器の不具合も見つかっていません。

by Myfuna at 2007年10月09日 22:53 Comment(0) TrackBack(1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5793573

月周回衛星「かぐや」の今 2 / ザッキ / 2007-10-10 15:51