アトランティス、ISS とのドッキングを解除

アトランティスが ISS とのドッキングを解除し、帰還の準備を始めました。

先に記事した、ISS のコンピュータ不調ですが、どうやら無事解決した様子。

国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されているロシアのコンピュータ・システムの復旧作業が続けられた結果、3日前に機能を停止したロシアのコマンド・コントロール(Command and Control: C&C)・コンピュータとナビゲーションコンピュータの2種類のコンピュータ全6台がすべて動作するようになりました。

STS-117 NASAステータスレポート#17

ISS の姿勢制御はアトランティスによって制御されていましたが、ISS のコンピュータに処理を戻して正常な動作が確認されたようです。

6月18日午前9時34分(同6月18日午後11時34分)に、ロシアセグメントの端末コンピュータによるロシアのスラスタ噴射とISSの姿勢維持の機能を試験するため、姿勢制御をアトランティス号からロシアの端末コンピュータに引き渡しました。90分後の午前11時09分(同6月19日午前1時09 分)、米国のコンピュータとコントロール・モーメント・ジャイロ(Control Moment Gyroscopes: CMG)に姿勢制御を戻し、姿勢維持の検証を完了しました。

STS-117 NASAステータスレポート#21

アトランティスは日本時間6月22日午前2時54分にケネディ宇宙センターに着陸予定です。

by Myfuna at 2007年06月20日 07:46 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4428611