その後の「はやぶさ」

更新をサボっている間にいろいろあったので、まとめて紹介します。

サイエンスデータ公開

4月24日。はやぶさが取得した小惑星「イトカワ」の全サイエンスデータが公開されました。

人類が初めて目にする貴重なデータがここに!

とは言うものの、ほんとに生データなので、私のような素人にはさっぱり…。などと思っていたのですが、様々な方がこのデータを加工されて面白い試みをされているようです。

ここでは、いつもお世話になっている「はやぶさまとめニュース」さんから、以下のふたつの記事を紹介させて頂きます。

いい時代になったなぁ。

地球帰還に向けた本格巡航運転開始

今年2月から地球期間に向けた準備作業が行われていましたが、4月25日をもって本格巡航運転が開始されたと発表されました。これにより、イトカワの軌道を離脱し、長い長い地球への帰還の旅が始まったことになります。

現在のはやぶさの状況ですが、4基あるイオンエンジンのスラスタのうち、2つが動作不安定、1つが推力の低下となっており、残る1基で定常運用を行っている状態だそうです。しかし、この1基も設計上の運用時間を越えようとしており、依然として予断を許さない状況が続いているようです。

はやぶさが地球に帰還するのは2010年6月の予定です。やっぱオーストラリアまでカプセルの回収を見にいくべきかなぁ。

JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語

JAXA 宇宙教育センターのサイト内に、はやぶさ物語というサイトが誕生しました。

内容ははやぶさプロジェクトに関連する、資料映像やインタビューなどをまとめたもののようです。

とりあえず一度見て欲しいのが、以下の映像。

はやぶさスレでは「宗教ビデオっぽい」なんて声も出てましたが、いやいやあたり触りのない毒にも薬にもならない内容に逃げることなく、見ているこっちがちょっと気恥ずかしさを覚えてしまうぐらいポジティブでまっすぐな言葉を投げかけているのはすごい。

日本にひとつぐらい、こうゆう独立行政法人があったっていいじゃないかって思うんだけど。

by Myfuna at 2007年06月12日 00:49 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4346192