中国の衛星破壊実験

2007年1月11日に、中国が自国の気象衛星「風雲1号C]を標的に弾道ミサイルによる衛星破壊実験を行いました。

実験は成功し、衛星は高度850kmで破壊され、大量の破片が衛星軌道にばら撒かれました。地上からのレーダー観測では、10cm以上の破片が4-500個、レーダーで観測できない微小な破片を含めれば数千個から数万個の破片が発生したと伝えられています。

全ての衛星は、秒速10km/s以上の高速で地球を周回しており、今回破壊された衛星の破片もまたその速度を維持したまま地球を周回し続けます。

10km/s といえば、ライフル弾の速度の10倍以上。時速で言えば 36,000 km という、大気中ではおよそ考えられない高速です。例え微小な破片といえども、この速度をもった物体が何かに衝突した場合には深刻な被害が予想されます。

今回の破壊実験で発生した破片は広範囲に散らばったことが確認されており、日本の観測衛星や、人間が長期滞在しているISSなども、この破片にぶつかる可能性が発生しています。

人類が人工衛星を始めて打ち上げてから今年で50年になります。その間に、様々なゴミが衛星軌道を周るようになってしまいました。スペースデブリと呼ばれるこの種のゴミは、レーダーで観測可能なものだけですでに1万個以上存在すると言われています。

しかし、長期に渡って衛星軌道上に存在するデブリの危険性は広く知られており、各国の宇宙開発関係者は不必要なデブリを増やさないように努めると共に、長期的にこれらのデブリを安全に除去するための研究を続けています。

このような状況下において、他国の同意はおろか、事前の警告もなしに、衛星破壊実験を行った中国の見識は非難されてしかるべきでしょう。

なんでこんな国に、ODA なんかしているのか理解に苦しみます。

参考リンク

蛇足

…ここで話が終わるなら、世の中シンプルでいいんですが。

まずはこちらの映像をみてください。

これは TRDI(防衛省技術研究本部)が研究開発中のキネティック弾道要素のDACS(軌道修正・姿勢制御装置)の性能確認試験の映像だそうです。

これは日米共同で開発を進めている弾道ミサイルの防衛計画の一部で、地下サイロや潜水艦から発射される弾道ミサイルを衛星などで早期発見し、大気圏外で迎撃しようというものらしい。

この手の兵器の運用には、軍事衛星による情報収集は必要不可欠なものであり、中国が今回衛星の破壊能力を誇示した理由の一環として、日米のこのような研究に対するけん制があったという見方もあります。

なんつうかこう。やりきれないものを感じるのは私だけでしょうか。

by Myfuna at 2007年02月08日 23:32 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3314826