相模原キャンパスの一般公開 2009

P7210002.JPG

7月24・25日に開催された、JAXA相模原キャンパス(宇宙科学研究本部)の一般公開に行ってきました。(各写真はクリックで拡大します)

場所的にはこの辺り。

最寄り駅は JR 横浜線淵野辺駅。快速は止まらないので注意。

M-3 SII ロケット

P7210007.JPG

M-3 SII の原寸大模型。全長 27.8m。直径 1.41m。重量 61t。低軌道打ち上げ能力 770kg。

P7210013.JPG

固体ロケットなので、ノズルがついてるだけで、メカっぽいエンジンはない。ロケット花火のように、筒の中の火薬が燃焼して推力を発生させる。

このロケットによって打ち上げられた人工衛星/探査機は以下の通り。

M-V ロケット

P7210006.JPG

世界最大級の固体燃料ロケットM-V。全長約 30m。直径 2.5m。重量約 140t。低軌道への打ち上げ能力約 1,800kg。

このロケットによって打ち上げられた人工衛星/探査機は以下の通り。

ここに展示されているのは、フェアリングを除いて本物。本来 LUNAR-A を打ち上げる予定だったもの。LUNAR-Aはほぼ完成し、ロケットの準備もできたのだが、LUNAR-A に搭載するペネトレータの開発が難航したため、計画そのものがキャンセルされてしまいました。

P7220122.JPG

本物のフェアリングは、建物の中に展示されている。このフェアリングは雨に弱く、屋外展示できないみたい。

M-V ロケットは打ち上げ能力に比べてコストが高く、2006年におしまれつつも引退しました。

イプシロン・ロケット

P7220121.JPG

M-V の後継として現在開発中のロケット。HII-A の固体ロケットブースターを第一段に用い、第二段と第三段は M-V のものを改良して利用。全長24m。直径2.5m。重量92t。低軌道への打ち上げ能力約 1,200kg。2012年度打ち上げ予定

P7220119.JPG

打ち上げコスト約30億円を目標に、運用の省力化を目指している。

P7220118.JPG

打ち上げは、内之浦宇宙センターに新しい射場を作る計画らしい。

だいぶ話が本格化してきた印象を受けました。

かぐや / SELENE

P7220079.JPG

かぐやの観測結果を元に作成した月球儀と月の裏の地図

知名度の高さからかかぐやの展示は多かった。おなじみのハイビジョン画像や、赤青メガネで見る月の立体写真立体写真、かぐやの模型などなどなど。

P7220096.JPG

今後の月探査の計画。

P7220097.JPG

こちらはロードマップ。SELENE-2 ではローバを月面に着陸させ、表面探査を行うみたい。例の二足歩行ロボットについての言及は見当たりませんでした

P7220094.JPG

ローバの模型も展示

宇宙探査ロボット

P7210052.JPG

SELENE-2 用というわけではないが、中庭を使って宇宙探査ロボットのデモンストレーションも行われていた。障害物を認識し、安全な移動経路を自分で決定するみたい。

P7210022.JPG

こちらはテント内のコントロールルーム。残念ながら準備中の写真なので、モニタには特に面白いものは映っていない。

P7210025.JPG

突如雨が降り出す。慌てて探査ロボットに傘を。電子機器なので濡れるのはまずいらしい。

P7220099.JPG

今度は突風。テントが飛ばされないように体を張る説明員のみなさん。屋外での展示は大変ですね

PLANET-C

P7210058.JPG

金星探査機 PLANET-C をクリーンルームで組み立て中

PLANET-C は 2010 年夏に、H-IIA ロケットで打ち上げ予定の金星探査機。主に金星の大気を調べる予定。

あまり写真は撮ってないんですが、いろいろな展示をしていました。子供がすごく群がっていて近づけなかった感じ。

はやぶさ / MUSES-C

P7220085.JPG

来年6月に地球に帰ってくる小惑星探査機「はやぶさ」の実物大模型。

はやぶさは、地球に接近した後に、小惑星のサンプルの入ったカプセルを射出。カプセルはオーストラリアの砂漠に落下する予定です。そして、カプセルを射出した後に、本体はそのまま大気圏に突入して燃え尽きるそうです。

P7210067.JPG

「はやぶさくんへ」。この手紙の右下には、お母さんからのこんなメッセージも記されていました。

はやぶさの大気圏突入のニュースを知った娘は、涙をポロポロ流しながら「宇宙飛行士になるの、やめる」と言いました。はやぶさの事を本当のお兄さんのように思っているようです。「トランポリンではね返したら?」とか、色々と考えたことを話してくれます。今では、はやぶさの兄弟達と宇宙で遊べるようにがんばっているようです。
あと少し、運用チームの方々もお体に気を付けてがんばって下さい。(母)

。゜。゜(ノД`)゜。゜。

はやぶさの後継機の話もありました。が、パネルの写真取り損ねちゃったよ…。松浦晋也のブログに詳しい話が出ているので、くわしく知りたい方はそちらを参照してください。

簡単にまとめると、こんな感じ。

  • 2010年代前半の打ち上げを想定
  • はやぶさを少し改良した「着陸帰還機」と、より簡素な「衝突機」を同時に打ち上げる
  • 衝突機は高速で小惑星に突っ込み、人工的にクレーターを発生させる
  • 着陸帰還機はその衝突を観測後、可能であればクレーターに降り立ちサンプルを回収する
P7210074.JPG
P7210070.JPG P7210071.JPG P7210072.JPG P7210073.JPG

「はやぶさ2」を応援するメッセージの数々

その他

P7220127.JPG P7220126.JPG

会場内で、愛想を振りまいていた宇宙飛行士らしき人。暑い中この格好は大変だったと思う。

P7230018.JPG

購入したグッズ。

  • 「おおすみ」風呂敷 (日本初の人工衛星「おおすみ」をモチーフとしたミニ風呂敷)
  • 「はやぶさ」クリスタル (クリスタルの中に「はやぶさ」が立体造形されている)
  • ISAS USB メモリ (通電すると、ロゴが青く光る。2GB)
  • 「はやぶさ」DVD (「はやぶさ2」応援バージョン)
P7230026.JPG

DVD のレーベルが「はやぶさ2」になっています。(「はやぶさ」とはアンテナの形が違う)

まとめ

ここではあまり取り上げていませんが、様々な分野の研究の展示がありました。さすが「宇宙科学研究本部」。

今回、来場者がかなり多かったように思います。今年は、「かぐや」が注目を浴びたこと、「きぼう」の完成、「日食」、「国際天文年2009」、「アポロ11号月到着40周年」などが重なって、宇宙への関心が高まっているような気がします。また不景気のあおりで「お金のかからないイベント」というのも来場者の増加に繋がったのかも。

夏休みということもあって、小学生くらいの子供も多かったように思います。足元に走りこんでくるので、何度か蹴っ飛ばしそうになることも。会場ですれ違った子供たちの中に、将来宇宙飛行士になったり、ロケットや探査機を開発する子がいたら嬉しいのですが。

参考リンク

関連エントリー

by Myfuna at 2009年07月26日 21:56 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30844152