7月22日に日食が見れます

map-japan.jpg

すでにご存知の方が多いと思いますが、7月22日に日食があります。

 2009年7月22日には日食が起こります。日本では、全国で部分日食を観察することができます。また奄美大島北部、トカラ列島(注1)、屋久島、種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができます。

2009年7月22日皆既日食の情報 (国立天文台)

今年最大の天文イベントなので、ぜひ多くの人に日食を見て欲しいと思いますが、国立天文台では以下の方法での観察は目を傷める危険があるので、避けるように呼びかけています。

  • 肉眼で直接太陽を見る(数秒でも危険です)
  • 望遠鏡や双眼鏡を使う
  • 下敷きや CD を使う
  • フィルムの切れ端を使う
  • すすをつけたガラス板を使う
  • サングラスやゴーグルを使う
  • 日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡をのぞく

『日食観察にともなう網膜障害は「日食網膜症」と呼ばれ、日食が起こるたびにその症例が世界中で報告されています』とのこと。特に子供などと一緒に観察する場合には、十分に気をつけてあげてください。

安全な日食の観察方法は以下のページが参考になるでしょう。

また、Amazon などでもいろいろと日食グッズが売られているようなので、これらを購入しておくのもいいかもしれません。

日食の中継

JAXA がインターネット衛星「きずな」(WINDS)を使い、硫黄島・父島から皆既日食の映像伝送実験を予定しています。

各地の科学館、放送局等へ配信予定だそうです。ネット中継については不明。

また、ニコニコ生放送では、小笠原・母島から独占生中継を予定しているそうです。

ダイエーでは、奄美大島にある「ダイエー プラザ大島店」で撮影した皆既日食の様子を全国のダイエーの店舗で生中継するそうです。

このほか、「メディア・アイ・コーポレーション」がトカラ列島悪石島からのライブ中継を予定しているそうです。

日食関連のイベント

JAXA 教育センターでは、「みんなで木もれ日を撮ろう」を行います。これは、日食の時に木漏れ日が、三日月型に欠けて見える写真を募集するというもの。

また、日本各地で様々なイベントが予定されているようです。詳しくは以下を参照してください。

日食関連の参考リンク

お勧め。

以下、少しアカデミックだったりマニアックだったりするもの

当日は晴れるといいですね。

by Myfuna at 2009年06月30日 17:34 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30199297