パンの缶詰を食べてみたよ

ふと思い立って、押入れに眠っている非常食の棚卸しをしてみました。

そしたら、出てきましたよ。賞味期限切れのものが。

P6080010.JPG

「賞味期限」とは未開封の状態で品質が保持されると期待される期間だそうです。基本的に、これを過ぎても危険はありませんが、味の劣化などが発生する可能性があるので、期限切れのものは早急に消費してしまうことが望ましいらしい。(消費期限が示されている食品もあります。こちらは期限を切れたものは廃棄してください)

で、賞味期限切れの食料の中に、今まで食べたことのない「パンの缶詰」があったので試食会をしてみました。

P6080007.JPG

「大清快」と書いてありますが、去年エアコンを購入したときに、なぜかおまけでもらったものです。エアコンとパンの缶詰の関連は不明。写真は「いちごクリーム」味。

P6080023.JPG

蓋を開けたところ。脱酸素剤が入ってます。

P6080026.JPG

パンはこのような感じで、紙に包まれています。

P6080029.JPG

取り出したところ。

P6080036.JPG

手で割ってみました。予想以上に柔らかい。「いちごクリーム」なので、赤い線が見えます。

P6100040.JPG

こちらはナイフで切ったもの。これは「ミルククリーム」。

P6120087.JPG

こちらは「コーヒークリーム」です。

味はどれもおいしかったです。普通に切って食卓に出せば、保存食とは気が付かないと思う。

ちなみにこの「パンの缶詰」は NASA の宇宙食の認定を受けていて「スペースブレッド」として若田さんと供に、ISS へ運ばれたそうです。

また、秋葉原などでは、萌えキャラのパッケージで自動販売機で売られているそうです。

一度お試しあれ

by Myfuna at 2009年06月25日 20:51 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30074291