Mitaka 1.0 β6 が公開されました

Mitakaがバージョンアップしています

06/11/25: バージョン 1.0 β6 を公開

バージョン 1.0 β6 での主な更新点は、以下の点です。

  • 冥王星、エリス、セレスを「矮惑星」として分類し、軌道線とラベルの色を変えた
  • イトカワやセドナなどのいくつかの小惑星と海王星以遠天体の軌道線とラベルが表示できるようなった
  • 3Dチャートに「海王星以遠天体」を追加(これまでの「冥王星とセドナ」は削除)
  • 局部銀河群の銀河をいくつか追加し、ラベルを表示できるようにした
  • SDSS DR5 の銀河とクエーサーを追加
  • 木星の衛星イオをターゲットにできるようになった
  • 視点移動やズームイン・アウトなどの動作に慣性をつけた
  • メニューを開く時にフェードインするようにした
  • 「実時間モード」を追加
  • メニューバーに「スケール」メニューを追加
  • いくつかのキーボード・ショートカットを追加(惑星の拡大率変更、ターゲット付近に移動、街明かりのオン・オフ)
  • マウスの右ドラッグによるズームイン・アウトのデフォルトの向きを反転した(設定ファイルで設定できます)
  • データ構造の書き換え(太陽系内)や割り込み処理の見直しによる高速化

少し軽くなった感じがする。ところでイトカワをターゲットするにはどうすればいいんだろう。

by Myfuna at 2006年11月27日 03:24 Comment(1) TrackBack(0)
この記事へのコメント
データとしてあらかじめ持ってるやつしかターゲットにはならないんじゃないかな。イトカワ見つける事はできたけど、素晴らしく薄暗い点でしか表示されねえ。
by Gee-Ha at 2006年11月27日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3002399