FirefoxとGreasemonkeyでmixiを快適に使う

今回はFirefoxのエクステンションの話。

唐突ですが、私はmixiのインターフェイスが嫌いです。ワンクリックで済みそうな操作に、やたらとクリックを要求するのがものすごくムカつく。

例えば、マイミクの誰かが日記を更新したから、そのリンクをクリックしてみたら「○○さんは外部ブログを使っています」とかいう無意味な確認画面が表示されり。この表示を見るたびに、「そんなこたぁ、知ってるんじゃぼけぇ!!!」と思わずマウスを画面に投げつけたくなる衝動にかられることもしばしば。

まぁ、mixi としてはなるべく mixi 内で日記をつけてもらいたいんだろうなとか、リファラをある程度誤魔化せた方がいいのかもしれんとか、大人の事情も推察できなくはないのですが、すごくイライラすることに違いはない。

mixi には他にもいくつか「意図的に操作性を犠牲にした」と思われるインターフェイスデザインがあって、どうもストレスを感じることが多い…。とかって思っていたのですが、Firefox にGreasemonkeyというエクステンションを入れてみたら、だいぶストレスが軽減されました。

Gracemonkey は任意の URI にアクセスした際に、ユーザサイドスクリプトを挿入するエクステンションです。使用する際には、Firefox に Greasemonkeyをインストールした上で、適当なユーザーサイドスクリプトを追加して使用します。

例えば、Firefox + Greasemonkeyな環境に、AutomaticMoving@mixi(ヽ(´・肉・`)ノ日誌)というスクリプトをインストールしておくと、mixiから外部ブログを見るときに出る確認画面をスキップすることができます。

他には、マイミクではなく「お気に入りリスト」で「最近の日記一覧」を表示する、usefulmixibookmark.user.js(いぬビーム)というスクリプトなんてのも便利。

こうゆうシンプルでいながら、応用性の高いツールというのは本当に素晴らしいと思います。

特に、Googleの検索結果にはてなブックマークの被ブックマーク数を併記する、gb.user.js(いぬビーム)というスクリプトなんかは、クライアントサイドだけでマッシュアップを実現しているわけでGreasemonkeyのポテンシャルの高さを感じます。

Firefox ユーザであれば、ぜひ一度お試しあれ。

Greasemonkeyのインストール及び、各種スクリプトの紹介などは、以下を参照してください。

P.S.

当方、好きな作家さんで mixi にアカウントがある方を何人か「お気に入り」に登録させて頂いています。で、前述の usefulmixibookmark.user.js というスクリプトを入れていると、こちらが「お気に入り」を表示させた時点で、「お気に入り」に登録してある全ユーザに対して自動的にアクセスが発生し、あしあとを残してしまいます。

もし「日記を公開しているわけでもないのに、なんでこいつはやたらとあしあとつけに来やがるんだ」と不審に思われていたら、このような理由ですのでご了承ください。

by Myfuna at 2006年11月01日 02:51 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3002387