ASTRO-F/M-V-8 打ち上げ成功

d1026.jpg

2006年2月22日6時28分、内之浦宇宙空間観測所 ASTRO-F/M-V-8 が打ち上げられました。

打ち上げ中継見るつもりで6時に起きたんですが、すぐに気を失ってしまい、見損ねた!残念!

今回打ち上げられた赤外線天文衛星 ASTRO-F は「あかり」と命名されました

あかりのミッションについてはこちらを読んでいただくとして、私が面白いなと思ったのは、この衛星の軌道です

あかりは赤外線を観測する衛星なので熱を嫌います。軌道上で最大の熱源は太陽なので、なるべくこの影響を小さくするために、常に地球の昼夜境界線上に位置する太陽同期極軌道に載っています

地球上である瞬間に、日の出を迎えている地域と、日没を迎えている地域をポイントしていくと、地球上を南北に回る円ができます。ひかりは、常にこの線の上にいるというわけです。

明け方や夕方に天頂方向を見上げると、ひかりの姿を肉眼で見ることができるかもしれません。明け方には北から南へ、夕方には南から北へ、かなり早い速度(100分で地球を一周する)で移動していくと思います

by Myfuna at 2006年02月22日 23:09 Comment(2) TrackBack(0)
この記事へのコメント
読売だったかな?またいい写真でてましたねー。
冬の晴れ間だったおかげで福岡や山口でも
打ち上げの際の軌跡がみれたらっすぃ。いいなぁ。
肉眼で見れる人工衛星ってさ
どんな言葉よりも子どもへのアピールってでかいと思うんだよねー。
理系離れだと嘆くならば、なおのことこういうのって大事だと思うー
by Rita at 2006年02月23日 21:22
これかな?
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_06022224.htm

Jaxa で広報などを担当してる的川氏が「轟きは夢をのせて」というエッセイ集(お勧め)で、「講演などで小さな子に宇宙の話をすると例外なくみんな目を輝かせる。理系離れというが、子供はみんな動物や宇宙の話が大好だ。その興味を育むことができなことが今問題点だ」って指摘をしている。

なぜ風が吹き、川が流れ、星が瞬くのか。確かに子供の頃は世界は謎に満ちていたなぁ。

ちなみにこんなページもあるよ
http://kibo.tksc.nasda.go.jp/
by Myfuna at 2006年02月24日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3002347