AVNIR-2から見る種子島

高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)から観測された種子島の画像も公開されました。

AVNIR-2 は可視光から近赤外線までを観測することができ、地表が植物で覆われているのか、あるいは人工物なのか、などを識別することができます。

だいちの特徴は、複数のセンサーによって複眼的に地表を観測できることにありますが、どうやらすべてのセンサーが順調に作動しているようで、まずは一安心

低軌道を周る地表観測用の衛星は 2-3 年で寿命となるそうですが、せいっぱい頑張ってもらいたいと思います。

by Myfuna at 2006年02月18日 11:44 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3002344