「かぐや」地形カメラによる制御落下軌道の3D動画

地形カメラのデータを元に、かぐや落下の瞬間を再現した CG だそうです。

JAXA クラブに、この落下の際の管制室の様子がレポートされています。

「かぐや」は月(つき)の北極(ほっきょく)と南極(なんきょく)を通(とお)るタテの軌道(きどう)を回(まわ)っていました。

落下半周前(らっかはんしゅうまえ)午前(ごぜん)2時(じ)40分(ぷん)ごろ。月(つき)の北極付近(ほっきょくふきん)の上空約(じょうくうやく)80km(キロメートル)あたりを秒速約(びょうそくやく)1.6km(キロメートル)で飛行(ひこう)しながら、「かぐや」はエンジンを前方(ぜんぽう)に向(む)かって噴射(ふんしゃ)し、ブレーキをかけました。

噴射時間(ふんしゃじかん)は2分(ふん)20秒(びょう)ほど。そして速度(そくど)は秒速(びょうそく)2.5m(メートル)ほど遅(おそ)くなりました。秒速(びょうそく)1,600m(メートル)が秒速(びょうそく)2.5m(メートル)(おそ)くなるだけですから、ごくわずかな変化(へんか)にしかすぎないのですが、そのまま月(つき)の裏側(うらがわ)を半周回(はんしゅうまわ)り、南極付近(なんきょくふきん)から表側(おもてがわ)に出(で)てきたときには、もう地上(ちじょう)スレスレの軌道(きどう)となっていました。

午前(ごぜん)3時(じ)10分(ぷん)をすぎると、管制室(かんせいしつ)に詰(つ)めている関係者(かんけいしゃ)は「かぐや」から送(おく)られてくる高度計(こうどけい)のデータに注目(ちゅうもく)しはじめます。レーザー光線(こうせん)で月面(げつめん)までの距離(きょり)をメートル単位(たんい)で正確(せいかく)に測(はか)る装置(そうち)で、そのデータは1秒(びょう)ごとに送(おく)られてきます。その数字(すうじ)の変化(へんか)で、地面(じめん)が迫(せま)ってきたことがはっきりと分(わ)かります。

3時(じ)20分(ぷん)には「約(やく)600m(メートル)の高度(こうど)です」とのアナウンスが流(なが)れます。管制室(かんせいしつ)には間断(かんだん)なく「オー」とか「アーッ」、「近(ちか)いー」との声(こえ)がわいています。高度計(こうどけい)のデータがグラフで表示(ひょうじ)されるため、その変化(へんか)はまさに地形(ちけい)の凹凸(でこぼこ)を意味(いみ)しています。それを眺(なが)めながら、思(おも)わず声(こえ)が出(で)てしまったようです。

3時(じ)24分(ぷん)「衝突予定時刻(しょうとつよていじこく)、1分前(ぷんまえ)とのアナウンスに一瞬管制室(いっしゅんかんせいしつ)は静(しず)まりかえました。そして25分(ふん)、管制室(かんせいしつ)は拍手(はくしゅ)と歓声(かんせい)に包(つつ)まれました。2時(じ)40分(ぷん)のエンジン噴射(ふんしゃ)を終(お)えてからはただ見守(みまも)るだけでしたが、月(つき)を半分回(はんぶんまわ)った後(あと)、予定地点(よていちてん)とほとんど違(たが)わぬ、狙い通(ねらいどお)りの地点(ちてん)に“制御落下(せいぎょらっか)”させることができたのです。

最後まで、お疲れさま。

by Myfuna at 2009年06月19日 20:18 Comment(0) TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29917812