7月22日に日食が見れます

map-japan.jpg

すでにご存知の方が多いと思いますが、7月22日に日食があります。

 2009年7月22日には日食が起こります。日本では、全国で部分日食を観察することができます。また奄美大島北部、トカラ列島(注1)、屋久島、種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができます。

2009年7月22日皆既日食の情報 (国立天文台)

今年最大の天文イベントなので、ぜひ多くの人に日食を見て欲しいと思いますが、国立天文台では以下の方法での観察は目を傷める危険があるので、避けるように呼びかけています。

  • 肉眼で直接太陽を見る(数秒でも危険です)
  • 望遠鏡や双眼鏡を使う
  • 下敷きや CD を使う
  • フィルムの切れ端を使う
  • すすをつけたガラス板を使う
  • サングラスやゴーグルを使う
  • 日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡をのぞく

『日食観察にともなう網膜障害は「日食網膜症」と呼ばれ、日食が起こるたびにその症例が世界中で報告されています』とのこと。特に子供などと一緒に観察する場合には、十分に気をつけてあげてください。

安全な日食の観察方法は以下のページが参考になるでしょう。

また、Amazon などでもいろいろと日食グッズが売られているようなので、これらを購入しておくのもいいかもしれません。

日食の中継

JAXA がインターネット衛星「きずな」(WINDS)を使い、硫黄島・父島から皆既日食の映像伝送実験を予定しています。

各地の科学館、放送局等へ配信予定だそうです。ネット中継については不明。

また、ニコニコ生放送では、小笠原・母島から独占生中継を予定しているそうです。

ダイエーでは、奄美大島にある「ダイエー プラザ大島店」で撮影した皆既日食の様子を全国のダイエーの店舗で生中継するそうです。

このほか、「メディア・アイ・コーポレーション」がトカラ列島悪石島からのライブ中継を予定しているそうです。

日食関連のイベント

JAXA 教育センターでは、「みんなで木もれ日を撮ろう」を行います。これは、日食の時に木漏れ日が、三日月型に欠けて見える写真を募集するというもの。

また、日本各地で様々なイベントが予定されているようです。詳しくは以下を参照してください。

日食関連の参考リンク

お勧め。

以下、少しアカデミックだったりマニアックだったりするもの

当日は晴れるといいですね。

by Myfuna at 2009年06月30日 17:34 Comment(0) TrackBack(0)

情熱大陸に若田光一さんが登場

6月28日23:00から放送予定の「情熱大陸」で、現在 ISS 滞在中の若田宇宙飛行士を取り上げるそうです。

宇宙飛行士 若田光一(わかたこういち)45歳
 宇宙飛行士になって17年目。ベテラン宇宙飛行士の若田は3度目となる宇宙ミッションで、日本人初となる約3ヶ月半にわたる国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を終え、間もなく地球へ帰還する予定だ。番組では彼が宇宙へと飛び立つ前の昨年7月から、日米露を訓練で飛び回るその仕事ぶり、束の間の家族との時間、職場の仲間たちとの交流などに密着。「宇宙へ行くのは怖くないですか?」との質問に「正直怖いですよ」と率直に答えた若田。若田はそのリスクを十分に理解した上で、訓練漬けの日々を楽しんでいた。宇宙飛行士として、夫として、父として、そして一人の地球人として生きる若田光一の素顔を追った。

これは楽しみですね。

ところで若田さんは、公式ブログを開設していて、ISS での生活の様子や、宇宙から見た美しい写真などが公開されています。

最近だと、宇宙から見たオーロラの写真などを紹介した、この記事が素晴らしいと思いました。

STS-127 の打ち上げが延期されたため、当初の予定を越えて ISS の滞在帰還が延期された若田さんですが、むしろ滞在延長を歓迎している様子。ぜひ残りの宇宙での生活を満喫して欲しいと思います。

by Myfuna at 2009年06月26日 11:59 Comment(0) TrackBack(0)

パンの缶詰を食べてみたよ

ふと思い立って、押入れに眠っている非常食の棚卸しをしてみました。

そしたら、出てきましたよ。賞味期限切れのものが。

P6080010.JPG

「賞味期限」とは未開封の状態で品質が保持されると期待される期間だそうです。基本的に、これを過ぎても危険はありませんが、味の劣化などが発生する可能性があるので、期限切れのものは早急に消費してしまうことが望ましいらしい。(消費期限が示されている食品もあります。こちらは期限を切れたものは廃棄してください)

で、賞味期限切れの食料の中に、今まで食べたことのない「パンの缶詰」があったので試食会をしてみました。

P6080007.JPG

「大清快」と書いてありますが、去年エアコンを購入したときに、なぜかおまけでもらったものです。エアコンとパンの缶詰の関連は不明。写真は「いちごクリーム」味。

P6080023.JPG

蓋を開けたところ。脱酸素剤が入ってます。

P6080026.JPG

パンはこのような感じで、紙に包まれています。

P6080029.JPG

取り出したところ。

P6080036.JPG

手で割ってみました。予想以上に柔らかい。「いちごクリーム」なので、赤い線が見えます。

P6100040.JPG

こちらはナイフで切ったもの。これは「ミルククリーム」。

P6120087.JPG

こちらは「コーヒークリーム」です。

味はどれもおいしかったです。普通に切って食卓に出せば、保存食とは気が付かないと思う。

ちなみにこの「パンの缶詰」は NASA の宇宙食の認定を受けていて「スペースブレッド」として若田さんと供に、ISS へ運ばれたそうです。

また、秋葉原などでは、萌えキャラのパッケージで自動販売機で売られているそうです。

一度お試しあれ

by Myfuna at 2009年06月25日 20:51 Comment(0) TrackBack(0)

明日(6/25)放送のクローズアップ現代で「かぐや」特集

6月25日(木)放送予定
“かぐや”が解き明かした月の素顔

6月11日、日本の月探査機「かぐや」は総ての観測を完了し、月面に衝突し使命を終えた約1年半に及ぶ月の観測の最終段階において、「かぐや」は高度をジェット機とほぼ同じ10km(これまでは100km)にまで下げ、月の映像をハイビジョンで送り続けた。これまで観測が難しく"探査の空白地帯"と長くいわれてきた月の北極・南極の姿も鮮明にとらえている。月の北極・南極は、一年を通して太陽光発電ができ、かつ水の存在が示唆されているため、有人月面基地の最適な場所である。「かぐや」はレーザー高度計を使っての観測で、世界初の『月の北極・南極の地形図』を作り上げた。このデータは、つづくNASAの月探査でも活用されている。有人長期滞在にむけた新時代に突入した月面探査を、「かぐや」の最新画像とその成果から描く。
(NO.2757)

スタジオゲスト 渡部 潤一さん
    (国立天文台 准教授)
クローズアップ現代 放送予定

だそーです。「クローズアップ現代」は NHK 総合では 19:30-19:56 です(NHK BS では24:10-24:36)。お見逃しなく!

さて、話は変わりますが、先週から「ふたつのスピカ」という NHK ドラマが始まりました。

『近未来の日本の宇宙学校を舞台に、宇宙飛行士を目指す5人の若者たちが、励まし合いながら厳しい訓練に耐え成長していく姿を、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力を得て描く…。』という感じのお話です。

次回予告とこれまでのあらすじは、こちら

放送時間は、NHK 総合では毎週木曜日 20:00-20:45 (NHK BSハイビジョンでは 18:00-18:45)です。

ということは、「クローズアップ現代」のかぐや特集が終わって、すぐに「ふたつのスピカ」が始まるというわけですね。ふうむ。

軽く大人の事情とやらを感じなくもないですが、それはそれとして、宇宙開発に興味のある人には、なかなか嬉しいコンビネーションではないでしょうか。

by Myfuna at 2009年06月24日 22:55 Comment(1) TrackBack(0)

「かぐや」地形カメラによる制御落下軌道の3D動画

地形カメラのデータを元に、かぐや落下の瞬間を再現した CG だそうです。

JAXA クラブに、この落下の際の管制室の様子がレポートされています。

「かぐや」は月(つき)の北極(ほっきょく)と南極(なんきょく)を通(とお)るタテの軌道(きどう)を回(まわ)っていました。

落下半周前(らっかはんしゅうまえ)午前(ごぜん)2時(じ)40分(ぷん)ごろ。月(つき)の北極付近(ほっきょくふきん)の上空約(じょうくうやく)80km(キロメートル)あたりを秒速約(びょうそくやく)1.6km(キロメートル)で飛行(ひこう)しながら、「かぐや」はエンジンを前方(ぜんぽう)に向(む)かって噴射(ふんしゃ)し、ブレーキをかけました。

噴射時間(ふんしゃじかん)は2分(ふん)20秒(びょう)ほど。そして速度(そくど)は秒速(びょうそく)2.5m(メートル)ほど遅(おそ)くなりました。秒速(びょうそく)1,600m(メートル)が秒速(びょうそく)2.5m(メートル)(おそ)くなるだけですから、ごくわずかな変化(へんか)にしかすぎないのですが、そのまま月(つき)の裏側(うらがわ)を半周回(はんしゅうまわ)り、南極付近(なんきょくふきん)から表側(おもてがわ)に出(で)てきたときには、もう地上(ちじょう)スレスレの軌道(きどう)となっていました。

午前(ごぜん)3時(じ)10分(ぷん)をすぎると、管制室(かんせいしつ)に詰(つ)めている関係者(かんけいしゃ)は「かぐや」から送(おく)られてくる高度計(こうどけい)のデータに注目(ちゅうもく)しはじめます。レーザー光線(こうせん)で月面(げつめん)までの距離(きょり)をメートル単位(たんい)で正確(せいかく)に測(はか)る装置(そうち)で、そのデータは1秒(びょう)ごとに送(おく)られてきます。その数字(すうじ)の変化(へんか)で、地面(じめん)が迫(せま)ってきたことがはっきりと分(わ)かります。

3時(じ)20分(ぷん)には「約(やく)600m(メートル)の高度(こうど)です」とのアナウンスが流(なが)れます。管制室(かんせいしつ)には間断(かんだん)なく「オー」とか「アーッ」、「近(ちか)いー」との声(こえ)がわいています。高度計(こうどけい)のデータがグラフで表示(ひょうじ)されるため、その変化(へんか)はまさに地形(ちけい)の凹凸(でこぼこ)を意味(いみ)しています。それを眺(なが)めながら、思(おも)わず声(こえ)が出(で)てしまったようです。

3時(じ)24分(ぷん)「衝突予定時刻(しょうとつよていじこく)、1分前(ぷんまえ)とのアナウンスに一瞬管制室(いっしゅんかんせいしつ)は静(しず)まりかえました。そして25分(ふん)、管制室(かんせいしつ)は拍手(はくしゅ)と歓声(かんせい)に包(つつ)まれました。2時(じ)40分(ぷん)のエンジン噴射(ふんしゃ)を終(お)えてからはただ見守(みまも)るだけでしたが、月(つき)を半分回(はんぶんまわ)った後(あと)、予定地点(よていちてん)とほとんど違(たが)わぬ、狙い通(ねらいどお)りの地点(ちてん)に“制御落下(せいぎょらっか)”させることができたのです。

最後まで、お疲れさま。

by Myfuna at 2009年06月19日 20:18 Comment(0) TrackBack(0)

かぐやのラストショット公開

20090619_kaguya_hdtv_L4.jpg

6月11日に月面に落下した「かぐや」が最後に撮影した7枚の静止画像が公開されました。

ハイビジョンカメラを用いて、1分毎に撮影された連続写真で、徐々に高度を落としていく様子がわかります。できれば動画で見たかった気もしますが、通信のバンド幅の関係でこれは難しいみたい(1分の映像を送るのに20分ぐらいかかるとか)

そうか。日陰の部分に落とすってことは、かぐやは暗闇の中に落ちていったんだな…。

「かぐや」は落下してしまいましたが、6月19日(日本時間)に、今度はアメリカの月探査機「LRO (ルナ・リコネサンス・オービター)」が月へと旅立ちました。人類の月への再挑戦はまだ始まったばかりです。

by Myfuna at 2009年06月19日 16:07 Comment(0) TrackBack(0)

「きずな」を経由して宇宙から星空メールを送ろう!

2008年2月23日に打ち上げられた超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を利用したイベントが告知されています。

予め登録しておいたメールアドレスに対して、E-Mail でグリーティングカードを送るというイベントで、データを静止衛星上に浮かぶ「きずな」経由で送るという点が売り。

無料で参加でき、携帯へも遅れますので、お気軽に参加してみてはいかがでしょうか。応募締め切りは 7/1 です。

なお、一応実験なので、うまくいかなかった場合は許してね(意訳)とのこと。

ところで、メールヘッダはどうなるんですかね?まさか「きずな」が smtp を話すとも思えないので、送信局と受信局の情報が入るのかな?

by Myfuna at 2009年06月18日 18:59 Comment(0) TrackBack(0)

TopHatenar

この記事に触発されて、おいらも試してみたよ

download.png

ブログ
42
購読者: 16
全体で
16609 位 / 212553
(上位 8.14 %以内) [周辺]
その他で
5863 位 / 57459
(上位 10.6 %以内) [周辺]
ブックマーク: 14
全体で
33085 位 / 212553
(上位 16.16 %以内) [周辺]
その他で
13595 位 / 57459
(上位 24.54 %以内) [周辺]

上位 8.14 % という意外な結果に。まぁたぶん更新停止しているブログなんかを除外すると、もう少し納得のいく数値になるんだろうな。

ブログ持ちの方は一度お試しあれ

by Myfuna at 2009年06月18日 13:24 Comment(2) TrackBack(0)

「サマーウォーズ」予告編

細田守監督の「サマーウォーズ」の予告編が公開されました。どんな話なのかよくわからんけど、面白そう

TV スポットも流れているみたいですね。

by Myfuna at 2009年06月17日 10:39 Comment(0) TrackBack(0)

書評:現代萌衛星図鑑

人工衛星の擬人化本が出ました。

著者はしきしまふげんさん。

以前ポストした「筑波宇宙センターの特別公開」というエントリーで、ちらっと「かぐやちゃん」が登場していますが、このイラストの作者の人です。

kaguya.png

登場するのは以下の日本の人工衛星。

  • 気象観測衛星 ひまわり
  • ハレー彗星探査機 すいせい/さきがけ
  • 技術試験衛星VII型 きく7号(おりひめ・ひこぼし)
  • 環境観測技術衛星 みどりII
  • 次世代型無人宇宙実験システム USERS
  • 小惑星探査機 はやぶさ
  • 月周回衛星 かぐや

これ以外にも、「おおすみ」や「のぞみ」などが、ゲスト出演しています。

この本、何よりロマンチックな文章が素晴らしい。「ひまわり」の章から少し引用してみます。

来るはずだった援軍は太平洋に散った。新しい気象衛星がやってくるまで早くても5年。しかし、観測に穴を空けることは絶対に許されません。もうすぐ定年を迎えるはずだった「ひまわり5号」は、観測機器の寿命を少しでも延ばすために、反射鏡の稼動範囲を小さくして磨耗を抑えるなど、涙ぐましい延命策が取られました。すでに引退していた4号も5号のバックアップとして配置についていましたが、最前線にバックアップにと11年働き続けた末、1999年にとうとう力尽きました。
5号は独りになりました。頼りの姉はもう居ない。地球からも援軍はこない。しかし倒れることも許されない。

取り上げている衛星は、現在も運用中のもの、見事な成果を残したものも、そしてミッションを完遂できなかったものなど様々ですが、いずれも愛情溢れる筆致で丹念な説明がなされています。

可愛い擬人化イラストはもちろん、精緻に描かれた(非擬人化されていない)衛星のイラストも素敵。擬人化の面白さには、元ネタをどのようにシンボル化しているかという点にもあるので、元ネタと擬人化を見比べられるこの構成は楽しいと思います。

また、各衛星を打ち上げたロケットの姿までも(擬人化されていない形で)イラスト化されています。しかも、短いながらも丁寧な解説付き。

とにかく、全てのページで愛情を感じる本でした。それと同時に、宇宙開発に携わる多くの人々に向けられた熱いエール感じる本でもあります。

全ページカラー。美麗なイラストと感動的な物語がぎっしり詰まって1600円。ちょっとでも気になっている人はさくっと購入した方がいいです。

なお、公式ブログの記事によると、「世界天文年2009日本委員会公認書籍」になったそうです。各書店のブックフェアのコーナーにも並ぶそうなので、気になっていない方も、見かけたらぜひ一度手に取ってみてください。

ところで、118ページのイラストは反則だよなぁ。泣かす気か!

by Myfuna at 2009年06月16日 01:10 Comment(4) TrackBack(0)

擬人化萌え

日本で生まれた文化の中には、言葉で伝えるのが難しい概念がいくつかあります。代表的なものとして、「侘び」「寂び」、そして「萌え」が挙げられます。

「萌え」という概念は、明確な定義もないまま、急速にその適用範囲を拡大してきました。その過程において、従来「萌え」の対象とはみなされなかった事象に対し、あえて「萌え」を導入することにより、既存の固定観念を一度解体し新たな価値観の元で再構築を行うという試みが数多くなされてきました。

代表的な例としては、2003年に三才ブックスより発売された英語参考書に萌えの要素を導入した「もえたん」があげられます。従来から小学生向けのいわゆる「学習マンガ」というものはありましたが、基本的に学習参考書というものは勉強のために読むもので、就学年齢を越えた人々とはあまり縁のないものでした。しかし、「萌え要素」という付加価を導入することによって、学習参考書を娯楽作品のひとつとしても楽しめるように再構築したのは非常に面白い発想だと思います。

このような「萌え」による概念の再構築のひとつに「擬人化」という技法があります。擬人化そのものは比喩表現のひとつとして古くから存在しますが、「萌え文化」における「擬人化」は、無生物や概念など極めて広範囲を対象とし、着ぐるみのような特徴的なコスチュームを身に着けた人物(多くの場合少女もしくは女性)のイラストとして表現されるという特徴があります。

個人的に面白いと思ったのは、世界の様々な国を擬人化した Web マンガ「ヘタリア」です。ヘタリアは世界史とエスニックジョークに「萌え」を導入することによって、嫌味のない知的なユーモアにまとめあげていると思います(ちょっと腐ってる気もしますが)。

擬人化に関してもうひとつ。最近のニュースで、中国政府が中国国内で販売するすべてのパソコンに有害サイトへのアクセスをブロックするソフトをバンドルすることを義務付けると発表しました。この通達を受けて、こんな動きがあるそうです。

へいわってすばらしいな!

by Myfuna at 2009年06月15日 22:57 Comment(0) TrackBack(0)

若田さんの ISS での生活を見てみよう

STS-127 エンデバーの打ち上げは4日程延期されるようです。

さて、エンデバーで帰還予定の若田さんですが、 ISS 滞在中に撮影した動画が、いくつか公開されています。

ぼけーと見ていたのですが、意外と面白かったのがISSでの日常生活を紹介するこの動画

最初にトレッドミルでランニングをしています。体が浮かび上がらないように、足元から伸びているばね状のものをハーネスにつけています。また、ランニングの振動が実験装置などに影響を与えないように、足元の構造が工夫されていることもわかります。汗をこまめに拭っているのは水滴が飛び散らないようにするためかな?汗が流れないので、肌について気持ち悪いのかな?

次に、バリカンで散髪をしています。掃除機の先っちょにバリカンが付いてますが、これは10分1000円の床屋でも似たようなものを見かけますね。そうか、あれは宇宙飛行士の気分が味わえる優れものだったのか

続いて、歯磨き、髭剃りなど。水が少ないので歯磨きは飲み込むそうです。ISS の水は最近まで地球から打ち上げていました。つい先日、水の再生処理するシステムが稼動し、トイレの水を再利用できるようになったそうです。

髭剃りはまぁ普通ですね。洗面台の周りの小物は磁石やマジックテープで壁に止めたり、蓋のあるポケット状の入れ物に入れたりしているのがわかります。生活の知恵という感じで興味深い。

次はサービスカット。若田さんの入浴シーンです。といっても、ISS ではお風呂やシャワーがないので、水を使わないシャンプーとウェットタオルで体を拭うだけですが。ところで若田さんは腕時計を二つつけているようです。世界標準時用と日本時間用で使い分けているのかな?他の宇宙飛行士の場合、4つ以上付けている場合もあるようです。あれはおみやげ用なのかなぁ。

最後にお掃除風景。冒頭のカットに笑いました。「魔女の宅急便」?遊んでるわけじゃなくて、あれが移動しやすいんだろうなぁ。船内にはところどころに、青く塗られた手すり状のものがあって、これを伝って移動しているのがわかります。ISS船内の色の使い方にはルールがあって、青いところは体重をかけても大丈夫、ということみたいです。

おまけにもうひとつ。宇宙日本食の紹介動画も面白かったです。

特に、後半の食事風景が楽しい。日本は早急に「スペース味噌カツ」を開発すべきですね。

by Myfuna at 2009年06月14日 15:53 Comment(0) TrackBack(0)

STS-127 スペースシャトル「エンデバー」カウントダウン中

354047main_flags-1600_1600-1200.jpg

スペースシャトル「エンデバー」が打ち上げ準備中です。

現在の打ち上げ予定時刻は、本日(日本時間6月13日)午後8時17分です。中継を見るにはいい時間帯ですね。

今回のミッション 2J/A (STS-127) では、きぼう日本実験棟の最後のパーツである「船外実験プラットフォーム」を打ち上げます。長かったなぁ。

また、現在 ISS に長期滞在中の若田宇宙飛行士が帰還するミッションでもあります。

NASA TV のほか、日本宇宙少年団(YAC)で中継される模様。

17:19 追記

打ち上げが延期された模様。新しい打ち上げ時刻は現時点では不明です。

by Myfuna at 2009年06月13日 14:02 Comment(0) TrackBack(5)

かぐや、月へ到着

20090611_kaguya_4.jpg

6月11日午前3時25分に、予定通り落下したそうです。

おつかれさま。

『なお、「かぐや」の観測データについては、11月1日からインターネットで公開を開始する予定です。』とのことなので、こちらも楽しみ。

まずは、こいつをなんとかしようぜ。

それと、詳細はよくわからないのですが、こんなイベントもあるそうです。

ウルトラマンと「かぐや」と秋葉原。なんでこの組合せになったんだろう???

by Myfuna at 2009年06月11日 10:42 Comment(0) TrackBack(0)

今夜かぐやが月へ帰ります

2007年9月14日に H-IIA 13号機で打ち上げられた月周回衛星「かぐや」が、今夜月面へ制御落下します。

つい最近打ち上げたばかりな気もしますが、当初予定されていた観測はほぼ終了しているそうです。

何も落下させなくても、ずっと周回させておけばいいじゃねぇか、と思いたくなりますが、推進剤が尽きちゃうと現在の軌道は維持できなくなるらしい。まぁ、制御不能の状態だとゴミになっちゃうしな

さて、「かぐや」といえば、なんと言ってもハイビジョンカメラによる月から映像が印象的でした。当初は、映像の公開方法について、ちょっとした騒動もありましたが、現在ではネットで誰でも閲覧できる形で公開されています。

最近公開されたものでは、以下が印象的でした。

「かぐや」はすでに月面落下に向けて徐々に高度を落としており、これは高度11kmぐらいからの映像だそうです。約1万メートルだから、地球の旅客機の最高高度と同じぐらい?クレータがずいぶんと大きいことがわかります。

ハイビジョンカメラ以外で面白かったのはこれ。

1971年にアポロ15号が月面に残した噴射跡が確認できたそうです。40年近く前の痕跡が残ってるというのは、月面という環境ならではですね。

これ以外にも、アポロが着陸した場所のハイビジョン画像がいくつか公開されています。残念ながら着陸船の痕跡はわかりませんが、高度90kmぐらいから小型の自動車を捜すようなものなので、さすがに何も見えない。

現時点での情報では、落下時刻は「平成21年6月11日 午前3時30分頃」の予定。詳しくは以下のリンクを参照してください。

月の影の部分に落下する予定なので、天文台などでからは閃光が観測できる可能性があるそうです。さすがに肉眼では何も見えないと思いますが。

「かぐや」には、41万人から公募された名前とメッセージが載せられています。これらもかぐやと一緒に月へと到着することになります。次においらの名前を宇宙に運んでくれるのはいつになるのかな?

by Myfuna at 2009年06月10日 11:11 Comment(0) TrackBack(0)