高度35kmから見た地球

117597ft.jpg

この美しい映像は、ヘリウム気球による 117,597 フィート (約35km)上空からの写真だそうです。

高度35kmというと成層圏にあたり、オゾン層などが存在する高さになります。気温は氷点下のはず。

宇宙と呼ぶにはちょっと高度が足りない気がしますが、地球が青い球体であると十分に認識できる高さですね。

ちなみに、宇宙は「高度 100km 以上」と定義することが多いようです。ただし、明確な境界線があるわけではありません。

by Myfuna at 2007年08月31日 09:43 Comment(0) TrackBack(0)

月食観測できず

絶妙のタイミングで雷雨に襲われ、観測できませんでした。残念

北海道や広島では観測できたそうなので、そのうち写真や動画が出回ることでしょう。でも生でみたかったな

月食は地球の影に月が入ることによって引き起こされる現象です。このとき、太陽から月への直射光はさえぎられるものの、地球の大気を通って屈折した光が多少月へと到達します。

夕焼けがそうであるように、地球の大気を通過した光は、波長が変化して、赤くなる傾向があります(夕焼けと同じ理屈)。

だから、皆既月食の月は赤黒く見えるんだそうです。そして、夕焼けが毎日違うように、皆既月食の月も毎回微妙に違う色に染まるのだそうです。

by Myfuna at 2007年08月29日 06:12 Comment(3) TrackBack(0)

「今日の早川さん」間もなく発売

ban10.gif

楽しみですね。

今日の早川さん(hayakawa online)

8/29 追記

Amazon でも予約できるようになりました。イメージ紹介の中に Amazon 向けの宣伝4コマがあります(字が小っちゃいぞ)

今日の早川さん
今日の早川さん
posted with amazlet on 07.08.29
coco
早川書房 (2007/09/07)
売り上げランキング: 44

8/30追記

hayakawa online に特設ページできました。PR 漫画有り。

by Myfuna at 2007年08月28日 01:19 Comment(1) TrackBack(1)

8月28日の皆既月食

8月28日に皆既月食があります。

場所によって多少時間に差がありますが、おおむね 18:50 から 20:30 にかけて皆既食となるようです。

今回の月食は条件がよく、日本各地から観測できるそうです。晴れるといいですね

特に準備がなくても肉眼で容易に観測できると思いますが、それほど高い位置には昇らないので、事前に月が見える方位ぐらいは確認しておいた方がいいかもしれません。また、双眼鏡などを用意するとより楽しめるかもしれません。

by Myfuna at 2007年08月25日 06:42 Comment(0) TrackBack(1)

「宇宙花火」西日本で見られるかも

 宇宙と大気の境界領域の様子を探るため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのチームが、鹿児島県・大隅半島からロケットを打ち上げて上空でリチウムを放出し、地上から観測する実験を計画している。リチウムは太陽光を受けて、赤く光りながら球状に広がるとみられる。この「宇宙花火」は、西日本各地から肉眼でみられそうだ。

「宇宙花火」西日本で見られるかも JAXAなど実施へ(asahi.com)

中性リチウムの放出実験

小型ロケットによって高度300kmから中性リチウムを放出し、その動きを地表から観察するという面白い試みが予定されています。

どのように見えるのかいまひとつ想像できないんですが、めったに見れない光景であることは間違いないでしょう。うらやましいことに、西日本にお住まいの方であれば、肉眼で観測することができるらしい。

打ち上げの日時は、直前の大気の状態によって決定されます。最新情報については、以下のリンクを参照してください。

続きを読む
by Myfuna at 2007年08月25日 06:23 Comment(0) TrackBack(0)

SST-118/13A1 エンデバー間もなく打ち上げ

スペースシャトル「エンデバー」の打ち上げが、日本時間8月9日午前7時36分に予定されています。

182118main_07pd1826-m.jpg
Photo credit: NASA

私のシャトルミッションの楽しみ方を簡単に紹介しておきます

まずは、NASA-TV のライブ配信。打ち上げから帰還まで随時動画が配信されています。私はミッション中は付けっぱなしにしてることが多いです。

NASA-TV のお供として欠かせないのが、2ちゃんねる/ニュース実況板の実況スレ。詳しい方が現在の状況を随時解説してくれるので、英語ばかりの NASA-TV でもだいじょぶw

動画の他に、高解像度の静止画も随時公開されます。息を飲むような美しい宇宙からの眺めは一見の価値ありです。私はよくここで公開された画像をデスクトップの壁紙にしています。

条件によっては、シャトルと ISS を肉眼でみることができる場合もあります。今回はちょっと条件が悪いようですが、ISS の軌道修正によって状況が変わる可能性があります。

その他、ミッションの概要やステータスなどは、以下のページで確認することができます。

てな感じで、毎回のシャトルミッションを楽しんでいるわけです。うーん、いい時代になったなぁ。

by Myfuna at 2007年08月09日 03:41 Comment(0) TrackBack(0)